フォーサイトの教材は初心者に優しい!!
知識ゼロから行政書士を目指す人にピッタリです

独立開業こそが年収UPへの道

行政書士の年収は、下は100万から上を見れば2,000万クラス
までと幅広い。もちろん資格を取っただけでほとんど仕事をしていない人や
専業主婦だった人がパート感覚でちょこちょこっとしか働いていない
といったケースもあるし、定年を過ぎた元公務員が老後のこづかい稼ぎに
仕事をしているというパターンもある。

平均的な年収は約620万円と言うことだけど、こんな平均数値なんて
なんの意味もない。

行政書士の本来の仕事である「代書作成」には様々な種類があって
その数は10,000種類にものぼる。

行政書士と同じ「士」が付く国家資格には他にも
弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士などがある。
1)弁護士は主に「訴訟」「裁判」で報酬を得ている。
2)司法書士は「土地の登記」
3)税理士は「税金関係」
4)社会保険労務士は「年金関係」

けれど役所に提出する書類の中で
上の四つに該当しないすべての書類が行政書士の業務対象
になるというのだから驚きだ。書類の種類から言えば最も多いわけだ。
つまり、仕事はあちらこちらにころがっている。

行政書士の書類作成の大まかな報酬はおおまかに決まっているらしい。
例えばほんの一例だけど
車庫証明…1件/5,000円
会計記帳の顧客からの月額顧問料…月/20,000円程度
建設業許可書…1件/100,000円
会社設立許可書…1件/120,000円
相続関連の書類作成…1件…80,000円
といった感じが相場ということだけど、これはあくまで暫定的な金額。
仕事にはシンプルで手間がかからないものもあれば、
何度も顧客の所に足を運んで話をしなければならない複雑な内容の
案件も少なくない。それによって金額はその行政書士が決めて
請求することができるのだ。

書類そのものを作成する時間は慣れてしまえば大したことはない。
でも、その折衝や仲介に係わる話し合いで多くの時間が割かれる
ケースも多々ある。
けれど「時間労働を売っている会社員」に比べたら
遙かに割のいい仕事だと思う。
もちろん仕事が来なけりゃ収入はゼロだけど…。

でも、でっかく稼ぐ可能性がとても大きいことは間違いない。
行政書士は独立開業して、人脈を拡げてこそオイシイ仕事なのだ。

>>行政書士体験取材、開業や年収の実態を行政書士本人に聞いてみました!